安倍首相が「増税可能な好景気」と大阪補選でアピール。参院選は消費増税を問う選挙になる!?

安倍首相が「増税可能な好景気」と大阪補選でアピール。参院選は消費増税を問う選挙になる!?
安倍首相(左端)は大阪12区補選の最終日の4月20日に現地入り。選挙区内3か所で北川晋平候補(中央)の応援演説をした
◆「増税可能な経済状況(好景気)である」と、街宣でアピールした安倍首相

 参院選の前哨戦として注目された「大阪12区補選」の投開票前日(4月20日)。寝屋川市で、安倍首相が北川晋平候補(自民党公認)の応援演説を行った。

「(大阪で開かれる)G20の課題は何か。それは、働く場を作っていく雇用です。そして収入を上げていくということでもある。(中略。有効求人倍率だけでなく)給料も上がっています。今世紀に入って最も高い賃上げが5年連続で行われている。

うれしかったことは、中小企業、小規模事業者の皆さんの賃上げ、この20年間で最も高い水準になってきているし、パートでがんばる皆さんの時給も過去最高になっています。しっかりと雇用と作り、そして収入を増やしている」

 安倍首相の発言は、首相側近の萩生田光一・幹事長代行が4月18日に「6月の景気指標しだいでは消費増税延期もありうる」とネット番組で示唆、この問題が補選の一大争点に急浮上する中で飛び出した。そこで「アベノミクスで収入アップなどの成果が出ている」とアピールし、「増税可能な経済状況(好景気)である」と、萩生田発言の波紋を打ち消そうとしていたのだ。

 しかし、安倍首相のいう「収入(名目賃金)」は増えていても、物価上昇分を差し引いた「実質賃金」は下がっている。可処分所得を決めるのは実質賃金の方で、家計消費の力強さを示すバロメーターとして用いられるのも名目賃金ではなく、実質賃金だ。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。