フェイスブック社の新方針はネット世論操作を利する!? 考え得る最悪のシナリオ

フェイスブック社の新方針はネット世論操作を利する!? 考え得る最悪のシナリオ
photo by Anthony Quintano via flickr (CC BY 2.0)
フェイスブック利用者の約7割は欧米以外の地域

 GAFAという言葉が普通に人々の口にのぼるようになって久しい。未来を先取りし、拡大を続けるIT企業群。その中でもフェイスブック社(以下、FB社)は異彩を放っている。イギリスのガーディアン誌は、CEOマーク・ザッカーバーグが計画を説明する姿は、ソシオパスが大学に提出した悪夢のようなエッセイを彷彿させると酷評している(参照:『Mark Zuckerberg’s Facebook mission statements hide his real aim』、2019年3月10日)。

 だが、ザッカーバーグの言葉がソシオパスの悪夢のように聞こえるのは彼の真意を理解できていないせいで、理解できれば論理的かつ理性的なのかもしれない。

 将来、世界市場の中心は欧米以外(アジア、アフリカ、ラテンアメリカ)に移ると考えられるが、欧米以外が中心に動く世界の姿をイメージできていない人は多い。私の買いかぶりかも知れないが、FB社は欧米以外が中心となった世界のイメージを持って、それに合わせた戦略を展開しているように思える。プライバシー重視や仮想通貨などもフェイスブックが新しい世界のインフラとなるための布石と考えると理解しやすく、マーク・ザッカーバーグが語る計画は筋の通ったものとなる。

 フェイスブックの2019年第1四半期の決算資料を見ると、フェイスブックの利用者(フェイスブック、WhatsApp、インスタグラムなどグループアプリも含む)はとっくに欧米以外に移っていることがわかる。欧米以外の地域でのフェイスブックの利用者(DAUs=Daily Active Users)はおよそ70%となっている。欧米の利用者は資料を見る限り、2年間ほぼ横ばいである。なお、欧米以外とは、アジア、ラテンアメリカ、アフリカなどである。

あわせて読みたい

気になるキーワード

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る 2019年5月8日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュース

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。