留学生大量失踪の東京福祉大学、突然の必修科目変更で戸惑う日本人学生 進路変更を余儀なくされた人も

留学生大量失踪の東京福祉大学、突然の必修科目変更で戸惑う日本人学生 進路変更を余儀なくされた人も
photo by Waka77 via Wikimedia Commons(Public Domain)
 大量の留学生が失踪し、話題になった東京福祉大学。(参照:”留学生大量失踪の東京福祉大、元教授が緊急会見。元総長が「120億のカネが入るわけだよ」と会議で発言。金儲けのために留学生受け入れか”-HBOL)同大が2018年度に突如、公務員試験の対策を行う授業を卒業のための必修科目に加えていたことがわかった。多くの学生が急なカリキュラム変更で就職活動に割く時間を奪われ、中には進路変更を余儀なくされた学生もいるという。

 井上裕史弁護士は学生たちからの訴えを受け、今年4月22日付けで大学に変更の取り消しを求める通知書を送った。

◆「突然の変更で、学生たちは悲鳴を上げています」

 井上弁護士が、同大の藤田伍一学長に送った「御通知書」によると、4年生が入学した2016年度、卒業に必要な単位数は教育学部124単位、社会福祉学部128単位、心理学部124単位だった。「キャリア開発演習」を含む「キャリア開発教育科目」は、いずれの学部でも選択必修にすぎなかった。

 しかし2018年4月に大学は突如カリキュラムを変更。3学部において、「キャリア開発演習Ⅰ」、「キャリア開発演習Ⅱ」が必修となった。しかも通常の授業は15コマで2単位と定められていたにもかかわらず、2018年度の「キャリア開発演習Ⅰ」は30コマで2単位、「キャリア開発演習Ⅱ」は77コマ(週7コマを11週)で4単位にしかならなかったという。

 同大に通う4年生の学生は、「突然の変更で、学生たちは悲鳴を上げています」と話す。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月15日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。