「いいね」の圧力にインスタが英断!? 「いいね」数非表示化をカナダでテスト

「いいね」の圧力にインスタが英断!? 「いいね」数非表示化をカナダでテスト
raphaelsilva via Pixabay
◆Instagramが「いいね!」の非表示をカナダでテスト

 Instagramが「いいね!」数を非表示にするテストをカナダでおこなうというニュースが、ゴールデンウィークの時期に流れてきた(TechCrunch Japan)。その後、カナダではテストが開始されて、コントロールされた集団で非表示状態になったそうだ(HuffPost Canada)。

 こうしたことをおこなう背景には、SNSのメンタルヘルスへの悪影響が懸念されていることが関係している。SNSは中毒性を持ち、人々の行動や精神を支配する。

 2019年にアメリカ心理学会によって発表された報告書によると、うつ病や心理的苦痛の割合が、若年層で上昇している。その背景には、ソーシャルメディアや電子通信に費やされる時間の増加が関係している可能性があるそうだ(The Washington Post)。

 Instagramのメンタルヘルスへの悪影響は、2016年のカリフォルニア大学ロサンジェルス校による研究(WIRED.jp)や、2017年のイギリスのRoyal Society for Public Healthの研究(BBC News)でも指摘されている。昨日今日言われ始めたことではなく、現代社会の病理の一つとして認識されている。

◆「いいね!」は現代のスロットマシーン

 さて、「いいね!」とは何だろうか? 「いいね!」は、ある投稿に対して「好きである」「好意的である」「肯定的である」と思った際にクリックするボタンだ。写真や記事の投稿者側から見れば、その投票数を見ることで、自分の投稿に対するフィードバックを、数値(得点)として得るツールだと言える。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る 2019年5月17日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。