バンコクの最先端「昆虫食」レストランに行ってみた

バンコクの最先端「昆虫食」レストランに行ってみた
ホタテの料理。海鮮も新鮮でおいしい
◆実はバンコクっ子は敬遠しがちな「昆虫食」に変化

 海外旅行というと、大きな楽しみのひとつに食事が挙げられるだろう。日本では味わえない現地での美食を楽しむことを目的にする人も少なくない。しかし、文化の違いなどから日本ではあまり使われない食材があるなど、場合によってはアグレッシブな観光になることもある。

 そんな人がしばしばトライするのが、「昆虫食」だ。
 日本でもイナゴや蜂の子など以外にも、徐々に広まりつつある「昆虫食」。世界的に見ても多くの地域で昆虫が食され、世界的には1000を超える種類の虫が食用になるという。

 東南アジアでも昆虫食は珍しくなく、タイにおいても昆虫食は一般的だ。ただしそれは、バンコクではなく東北地方が中心になる。タイ東北地方や北部は海がない。特に東北地方は山も少ないので野生動物もそれほど多くないため、重要なタンパク源として昆虫が食べられてきた。バンコクにおいても昆虫を売る屋台をよく見かけるが、買っていくのはやはり東北地方出身者ばかりだ。彼らからすれば食べ慣れた食材であるし、軽食としても手軽なので屋台で見かければ思わず買ってしまうようである。

 バンコクなど都会育ちの人々からすると、昆虫は救荒食物、あるいは農業しか産業がなく貧困層の地域というイメージが東北にあることから、低所得者層の食事というネガティブな印象が先行している。この辺は、日本人など昆虫を食べ慣れていない人からしてもやはり虫の外観に好感を持てない人も少なくないだろう。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月22日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。