日本の放射能汚染水海洋流出を危惧する韓国の「脱核運動」。コロラド博士、韓国をゆく

日本の放射能汚染水海洋流出を危惧する韓国の「脱核運動」。コロラド博士、韓国をゆく
送られてきたポスター
◆Twitter DMから始まった予想外の展開

 去る2018年9月4日に、当ハーバービジネスオンラインにて「東京電力『トリチウム水海洋放出問題』は何がまずいのか? その論点を整理する」 と題した記事を私が執筆したことを覚えておいでの方は多いと思います。

 このとき、河北新報のすっぱ抜きに始まった「トリチウム水」には基準値を超える「放射性多核種」が含まれていることの指摘によって、昨年8月で嘘の情報をもとに市民の同意を取り付け、目的を達成する=多核種放射能汚染水を海洋放出するという国や東電の常套手段があえなく崩壊しました。

 私は、これを「ヒノマルゲンパツPA」(Japan’s Voo-doo Nuclear Public Acceptance, JVNPA)の一典型事例と見なし、見守ってきました。

 日本政府や東電、与党政治業者の愚かしい点は、このヒノマルゲンパツPA(JVNPA)というものが唯一日本でのみ通用する物であって、諸外国、周辺国がこのような詭弁に受け容れるわけが無いと言うことを理解できていないことです。その一典型事例が、WTO裁定における日本の完全な敗北*です。
<*参照:政府説明、WTO判断と乖離 「日本産食品は科学的に安全」記載なし:朝日新聞2019/04/23
*参照:日本は韓国にWTOで敗訴したのか? - 山下一仁|論座 - 朝日新聞社2019/05/07>

 国内でのみ通用してきたヒノマルゲンパツPA(JVNPA)によって好き放題してきた日本政府、東電、財界、政治業者は、国際社会から強烈パンチ一発の“こうかはばつぐんだ!””(It’s Super Effective!)を食らった形で、国内向けには勝利宣言(「実は勝っているんだ」という負け犬の遠吠え)をしますが、国際社会はこの裁定によって日本への対応を大幅に厳しくすることは自明であり、日本政府は「転進」を模索し始めています*。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月31日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。