子どもの熱中症、今年はすでに搬送事例も。子どもを守るポイントを専門家が解説

子どもの熱中症、今年はすでに搬送事例も。子どもを守るポイントを専門家が解説
本田由佳医師
 楽天は6月5日、「専門家が教える!子どもを守る  夏の紫外線&熱中症対策講座」を都内で開催した。

 毎年夏になると、子どもの熱中症被害が問題になる。今年の5月下旬には、新潟県長岡市の小学校で、運動会の練習をしていた児童計26人が、熱中症とみられる症状を訴えて病院に搬送されている。

 これから本格的に夏を迎えるにあたり、どのようにして子どもを熱中症や紫外線から守れるのか。そのアプローチを2人の講師が説明した。

 講師は、骨と健康情報の専門家集団「Team BONE」に所属する、本田由佳氏と坂本優子氏の2人。生徒として、就学前の親子4組8人が参加した。

 本イベントは、ママ・パパを対象とした楽天市場の会員プログラム「楽天ママ割」が主催。第3回となる今回は、親として気になる子どもの熱中症、紫外線対策を特集した。

◆気温が急に上がった日には、脱水に気をつける

 熱中症の原因と対策については、慶應義塾大学SFC研究所上席所員(健康情報コンソーシアムメンバー)の本田氏が説明した。

 熱中症とは、「高温多湿な環境で、体内の水分や塩分のバランスが崩れるなどし、体内の調整機能が破綻した状態」を指す。

 熱中症の重症度にはI度~III度まで3段階あり、数字が大きくなるにつれて重症レベルも増す。

I度:めまいや失神、筋肉の硬直、大量の発汗
II度:頭痛や気分の不快、吐き気、嘔吐など
III度:意識障害、痙攣、手足の運動障害など

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。