眠りに就く大阪のイベント聖地「千里セルシー」――再開発はどうなる?

眠りに就く大阪のイベント聖地「千里セルシー」――再開発はどうなる?
眠りに就く千里セルシー・セルシー広場
       
◆高度成長期の夢の跡がまた一つ消える

「日本初の大型ニュータウン」に登場した夢の街。

 街の真ん中に生まれたお城のようなショッピングセンターは週末になると芸能人が来館し、溢れる人・人・人――千里ニュータウンの中心・千里中央駅前にある「千里セルシー」(大阪府豊中市)といえば、多くの芸能人がイベントをおこなう「聖地」として全国的にも知られるショッピングセンターであった。

 そんな千里セルシーが50年近い役目を終え、静かに眠りに就こうとしている。

◆日本初の大型ニュータウンに生まれた「聖地」

 大阪・梅田から約10数キロメートル北側に位置するニュータウン「千里ニュータウン」の開発計画が生まれたのは今から約60年前の1958年のこと。

 戦後の人口増加により大阪府などが計画したもので、1962年に1期まちびらきが行われたのち徐々に規模を拡大し「日本初の大型ニュータウン」となった。全体の開発面積は大阪府豊中市から吹田市にかけての約 1,160ヘクタールにも及ぶ。

 その先進的な街づくりは注目を集め、1966年には昭和天皇が行幸されたほか、1969~1970年には千里地区の公団団地が万博従業員の外国人村となっていたこともある。また、日本初の本格的自動改札機が導入されたのも阪急千里線で、1967年の延伸開業に合わせたものであった。

 千里セルシーが開業したのは、大阪万博直後の1972年。当初はゼネコンの「フジタ工業」(現・大和ハウス工業グループの「フジタ」)傘下の「千里レジャーセンター」により運営され、映画館やボウリング場など娯楽系テナントを中心とした複合商業施設であった。建物は地上6階・地下1階建で、延床面積は約45,305㎡。北大阪急行千里中央駅(1970年開業)と人工地盤で直結されている。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月10日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。