世界的ブランド「キャロライナ・ヘレラ」の新コレクション、メキシコ政府から「文化の盗用」と非難

世界的ブランド「キャロライナ・ヘレラ」の新コレクション、メキシコ政府から「文化の盗用」と非難
Carolina Herreraの新コレクション「RESORT2020」のサイト
◆ベネズエラ出身の名デザイナーのブランドに降って湧いた「文化の盗用」批判

 マリア・カロリーナ・ホセフィナ・ペカニンス・ニーニョという名前が誰のことかと尋ねられても、それに答えられる人は誰もいないであろう。この名前の本人とはベネズエラ出身のファッション・デザイナー「キャロリライナ・ヘレラ(Carolina Herrera)」である。

 ヘレラはベネズエラの首都カラカス出身で、軍人の娘として裕福な家庭に生まれ、13歳の時に祖母から当時世界のファッション界で名を馳せていたスペイン・バスク出身のクリストーバル・バレンシアガを紹介してもらった。幼少の頃から高級ファッションと身近に接していた彼女であった。1981年にファッションショーで自らのコレクションを発表したのを皮切りにラテンアメリカを代表するファッションデザイナーとして成長した。

 彼女がデザインした服を長年好んだ女性にジャクリーン・ケネディー・オナシスがいる。ニコール・キッドマン、アンジェリーナ・ジュリー、メリル・ストリープといったハリウッドのスターも彼女のファッションのファンである。

 また香水・フレグランスの分野においても彼女のブランドがショップコーナーの一角を占めるまでになっている。(参照:Wikipedia)

 現在彼女は80歳で、1年前から32歳のウェス・ゴードンをクリエイティブ・ディレクターに任命して彼女は第一線から退いている。ところが、ウェス・ゴードンが「Risort 2020」と題して発表したコレクションの中に、メキシコ民族の伝統ある服のデザインをモチーフにしたものが「文化の盗用」(*他民族の文化などを無関係の他者が表層的に模倣すること)にあたるとして、メキシコ政府のアレハンドゥラ・フラウスト文化相が5月10日付でキャロライナ・エレラとウェス・ゴードンの両名宛てに正式に苦情の書簡が送ったことが明らかにされたのである。(参照:「El Pais」、「La Vanguardia」)

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る 2019年6月16日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。