パチンコ業界の政治への働き方は業界に何をもたらすのか?

パチンコ業界の政治への働き方は業界に何をもたらすのか?
てぃらいみ / PIXTA(ピクスタ)
◆パチンコ議連の提言を受けた保通協適合状況結果

 ちょうど1か月前、本サイトに「接近するパチンコ業界と自民党。パチンコ議連提言がもたらす『じゃんけんの構図』」という記事を寄稿した。通称パチンコ議連と呼ばれる自民党の「時代に適した風営法を求める議員連盟」(以下、風営法議連)が、4月25日、山本順三国家公安委員長宛に遊技機基準等に関する提言を行ったという記事で、その提言の主たる内容は、「型式試験(=遊技機試験)の結果を開示する等、適合を容易にするための方策を取り、適合率を向上させること」というものだった。

 全国のパチンコ店に設置されている遊技機は、すべて「保安通信協会」(以下、保通協)の試験を受け「適合(=合格)」したものであるが、ギャンブル等依存症対策の一環として2017年2月に遊技機の規則等が変更された以降、新規則にそった遊技機の適合状況がかなり落ち込んでいた。

 パチンコ店は2021年の1月までに、旧規則で適合しているすべての遊技機を全台撤去し、新規則で適合した遊技機を設置しなくてはならない状況にあるにも関わらず、その新規則機がほとんど市場に出てこないという現状を打破するため、パチンコ業界は風営法議連に働きかけ、保通協における遊技機の適合状況の改善を図ろうとしたのだ。

 提言が4月末。そして5月の保通協の適合状況の結果が公表された。

◆新規則機の適合状況は改善されたのか?

 結果から言えば、「改善」された。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る 2019年6月15日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。