イラン訪問の安倍首相、トランプの伝言役としての役割は果たせず一蹴されるも日本語報道と海外報道に齟齬

イラン訪問の安倍首相、トランプの伝言役としての役割は果たせず一蹴されるも日本語報道と海外報道に齟齬
NHKでは「侍と描写された!」などと報じられた地元メディア『Sazandegi』の表紙だが、実際はキャプテン・アメリカ風に揶揄されただけである
 6月13日、日本の安倍晋三首相はイランの最高指導者ハメネイ師と会談を持った。事実上の「トランプ大統領の特使」としての役割である。トランプが「令和」初の国賓として訪日したのは、そのための下準備もあってのことだろう。

◆「トランプの特使」役を全うできなかった安倍

 しかし、安倍首相は「トランプの特使」としての役割を全うできたかと言えば、結果は明らかだ。

 日本国内での日本語による報道ではあたかも何か成果があったかのように報じられているが、現地メディアやスペイン語メディアとはまるで正反対の様相なのだ。(参照:「El Pais」、「HispanTV」)

 安倍首相と会談した最高指導者ハメネイ師は、「トランプがメッセージを交換するに値する人物だとは思われない」「彼への返事はない。回答しない」と述べて、安倍首相のトランプに依頼された米国との関係修復のための特使としての務めを一蹴した。

 更に、同師は「米国がイランと誠実な交渉に関心があるとは思えない。トランプのような人物からそれを望んで来ることはないからである。米国の官僚の間には誠実さというのは頻繁に見れらるものではない」と確言した。

 一方のトランプは、訪日中に安倍首相にイランへのメッセージをことづけておきながら、帰国するや新たにイランの石油化学産業に制裁を科した。このこともあり、ハメネイ師は、「そのような人物が本当に交渉を望んでいるのだろうかと疑いたくなる証拠である」とも付言した。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る 2019年6月15日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。