30人の集落に週5000人の観光客、住民の生活や環境が破壊される!? 奄美大島・大型クルーズ船寄港地開発

30人の集落に週5000人の観光客、住民の生活や環境が破壊される!? 奄美大島・大型クルーズ船寄港地開発
バンクシーの公式サイトより
◆バンクシーが皮肉る「オーバーツーリズム

 今年5月、イギリスのストリート・アーティスト、バンクシーが久々に発表した絵画が話題となった。水の都・ベネチアの路上で展開された9枚の絵画からなる作品の名は「ベニス・イン・オイル(油の中のベネチア)」。

 現地で開催中の芸術展の権威を“油”彩画で皮肉ったものとも、観光地で大型クルーズ船が垂れ流す“油”や汚水などの環境負荷、いわゆる「オーバーツーリズム問題」を皮肉ったものとも言われている。

 事実、ベネチアはクルーズ船で押しかける観光客による、地域に与える負担の問題に直面している。環境や景観保全に関する負担、治安や交通の混乱などにより、2014年から9.6万トン以上の客船の航行が規制されているのだ。

 大型観光による地域の負担は、ある種の共通課題として、世界中で無視できないものとなっている。近年では、アムステルダムやボラカイ島などでもツアー観光客への段階的な規制が始まっている。 

◆インバウンドによる経済効果ばかりが強調される日本

 日本では、東京オリンピックや大阪万博など「誘致」ムードに後押しされて、インバウンドの期待値は高騰の一途だ。世界の潮流とは逆行し、政府は大型クルーズ船の寄港誘致にもご執心のようである。

 2017年7月、港湾法の改正とともに国土交通省は「国際旅客船拠点形成港湾」として横浜などの6港を定め、2019年4月までに新たに鹿児島・那覇・下関の3港をこれに加えた。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る 2019年6月23日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら