春画から考える令和時代の性教育

春画から考える令和時代の性教育
月岡雪鼎「四季画巻」の一部
◆男女の性愛を大胆に描いた春画

 江戸時代、男女の性愛を大胆に描いた春画。

 それは時には「枕絵」「わらい絵」と呼ばれ、身分、男女問わず広く嗜まれてきた。春画の中には男女の性行為だけでなく、ユーモラスで、また時に社会風刺的な描写もあり、見る人の心を引きつける要素が満載である。

 日本の春画研究の第一人者、石上阿希(いしがみあき)氏は、『日本の春画・艶本研究』(平凡社)で、もともとは中国からの男女和合の理に万物の起源を見出す思想が、近世の性は楽しむものという思想と結びつき、春画・艶本の発展に結びついたと論じている。

 日本という国の誕生も男女(イザナミ・イザナギ)の結びつきから、という神話もある事をここで念頭に入れておきたい。

 1722年の享保の改革以降、幕府によって好色本が禁止されると、もとの需要が高かった春画は非公開で販売されることになる。そもそも幕府によって発売が禁止されていたため、幕府による規定を守る必要がなく、通常では出版できないような豪華な色彩のものが春画として出版された。

 それゆえに、春画は江戸時代当時の浮世絵の最高峰の技術が使われていると言っても過言ではない。有名どころでは葛飾北斎、喜多川歌麿など歴史の授業で習うような日本を代表する絵師たちが春画を描いていた。

◆好評を博した大英博物館での春画展開催

 2013年にはロンドンの大英博物館で世界初の大規模春画展が開催され、春画そのものの学術的、文化的価値の高さは認められている、と言うことができるだろう。この春画展は日英交流400年を記念したイベントの一環だった。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る 2019年7月6日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。