フェイスブック発トークン「リブラ」は新たな経済圏を生み出すか?

フェイスブック発トークン「リブラ」は新たな経済圏を生み出すか?
写真/dpa=時事通信フォト
 フェイスブックが発表した話題のトークン「リブラ」は新たな“経済圏”を誕生させるのか? 賛否両論巻き起こるステーブルコインの真価を探った

◆[ステーブルコイン]の将来性

 6月18日、フェイスブックが独自トークン「Libra(リブラ)」の事業計画を発表し、大きな注目を集めている。リブラは、価格変動が激しく投機性の高いビットコインなどと違い、ドルやユーロなどの法定通貨や国債と、一定の比率で交換できるのが特徴だ。

“創立メンバー”にはクレジットカード最大手のビザやマスターカードをはじめ、ペイパル、イーベイ、ウーバー、スポティファイ……など、名だたる世界的企業が名を連ねており、フェイスブックが抱える27億ユーザーが、リブラを使って金融決済や送金できるようになれば、巨大な“フェイスブック経済圏”ができるのでは、と取り沙汰されているのだ。そもそもフェイスブックは、どのような目的でリブラをつくろうとしているのか? 個人投資家の児山将氏が説明する。

◆27億ユーザーを持つフェイスブック発トークン「Libra」がきっかけで盛り上がる仮想通貨市場!

「外国で出稼ぎをしているのに銀行口座を持っていない人は、世界人口の20%超に当たる17億人もいます。今回、フェイスブックはこうした金融サービスを受けられなかった人たちに目をつけた。買い物をするにも、割安な手数料で瞬時に支払いができ、銀行間で送金するときのように煩わしい伝票処理をする必要もなくなる。これまでは、ビットコインがその受け皿だったが、価格変動の大きいのがネックとなっていました。その点、“価値の裏付け”があるリブラは、価格が安定しているので広く浸透する可能性を秘めているのです」

あわせて読みたい

気になるキーワード

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る 2019年7月13日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュース

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。