なぜ探査機「はやぶさ2」は、小惑星への2回目の着地に挑んだのか? その裏にあった大きな意義とリスク、そして葛藤

なぜ探査機「はやぶさ2」は、小惑星への2回目の着地に挑んだのか? その裏にあった大きな意義とリスク、そして葛藤
小惑星探査機「はやぶさ2」が撮影した、小惑星リュウグウへの2回目の着地から4秒後の画像。画像右側が探査機本体で、舞い上がっているのはリュウグウの砂や石 (C) JAXA
◆難易度が高かった2回目の着陸に成功した「はやぶさ2」

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2019年7月11日、小惑星探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」への2回目となる着地に成功したと発表した。今年4月にクレーターを作った際に飛び散った、リュウグウの内部に由来する砂や石を採取できた可能性が高いとしている。

 今回の着陸は、今年2月に実施した1回目の着陸よりも難易度が高く、探査機が壊れる危険もあった。それでも実施した背景には、どのような意義があったのだろうか。

◆リュウグウへの2回目の着地

「はやぶさ2」は、JAXAが2014年12月に打ち上げた小惑星探査機で、地球と火星の軌道の近くを回る小惑星リュウグウを訪れ、カメラやセンサーで観測。さらに、着地(タッチダウン)して石や砂を採取したり、小型ロボットを投下したりとさまざまな方法で探査。最終的には、採取した石や砂を地球に持ち帰ることを目指している。

 小惑星は、太陽系ができた約46億年前から、ほぼそのままの姿かたちをとどめており、太陽系の誕生から進化についての情報をもっていると考えられている。とくに、リュウグウのような「C型」と呼ばれる種類の小惑星は、有機物や水を多く含んでいると考えられており、地球の生命や海がどのようにして誕生したのかという謎を解く鍵を握っているとされる。たとえば、リュウグウにある有機物と、地球の生物がもつ有機物が似ていれば、私たち地球の生命は、地球外からやってきた可能性も出てくる。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る 2019年7月15日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。