れいわ・山本太郎の障害者擁立の「意味」。障害当事者はどう見たか?

れいわ・山本太郎の障害者擁立の「意味」。障害当事者はどう見たか?
Photo by soshi itagaki
 今年の参院選から導入された特定枠。その中身は「政党が特定の候補者を優先的に当選させる」ものだ。その中でれいわ新選組の山本太郎は、重度障害者2名を選出すると表明。

 障害者運動の観点から、この取り組みは画期的なのか。取材を行ってみた。

◆山本太郎が特定枠に障害者を選んだわけ

 2018年7月13日の夕方、雨が降る渋谷ハチ公前にて、れいわ新選組は2時間に渡る街頭演説を行った。街頭演説終わりに、山本太郎は記者の取材にこう答えた。

「まず国会が変わることが必要になる。障害者に対して合理的配慮を行うことは、これまで通りの国会運営では無理だ。なぜなら当事者がいないから」

 女性の国会議員の少なさが目立つ日本だが、驚くことに障害者の国会議員の数はゼロだ。その現状を山本太郎は、懐疑的に見ている。

 山本太郎が障害者のことを考えたキッカケは、これから日本が向かう将来を彼らが映し出しているから。高齢化社会が加速する中、多くの人が向き合うのは寝たきりだと考えている。

 生産性が重視されると「寝たきりになったらとしたら、何も役に経たないから殺してしまえ」などといった乱暴な議論がこの先の日本で起こる危険性があるというのだ。2018年に起きた杉田水脈発言を想起させる内容となっている。

「2人が入れば、当然障害者に合わせた国家運営というものを考え直さなくてはならなくなる。国会は変わる。この2人を国会がどう受け入れられるのか。それによってどう改革していくのか。この結果が、そのまま全国のスタンダードになっていくと思います。だから大きな意味があると思うんですよ」

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る 2019年7月19日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。