新潟選挙区で、安倍首相と枝野代表の対照的な“応援演説バトル”。どちらに軍配が上がる!?

新潟選挙区で、安倍首相と枝野代表の対照的な“応援演説バトル”。どちらに軍配が上がる!?
7月5日、塚田一郎候補への応援演説のため新潟入りした安倍首相
◆被災地支援、観光対策を訴えた安倍首相

 参議院選挙新潟選挙区では、「忖度道路」発言で国交副大臣を辞任した現職の塚田一郎候補と、「脱・忖度政治」を訴える野党統一候補の打越さくら氏が激突し、全国有数の激戦区となっている。与野党幹部が続々と応援に駆けつけ、安倍首相と枝野代表の“応援演説バトル”も繰り広げられた。

 先陣を切って現地入りをしたのは安倍首相。告示翌日(7月5日)に山形沖地震の被災地・村上市に入り、ライフラインの復旧などに取り組むことを約束し、温泉地での宿泊キャンセルが相次いでいることを受けて観光消費への割引対策実施も表明。その直後に安倍首相は塚田氏への支持を訴えた。

「(山形沖地震の)発災後、塚田さん、大活躍です。やはり新潟で生まれ、育ち、そして、やがては新潟の土になっていく。誰よりも新潟を愛する男、塚田一郎。本当に頑張ってくれたと思います。

 でもこの選挙、大変厳しい戦いであります。相手候補、いきなり県外からやって来て。塚田さんは新潟で生まれ育って、新潟のために頑張りたいという思いでこの選挙に出ている。一方、相手の候補は議員になるために新潟に来た人物なのです。

 どっちが皆さん、新潟のためになるのでしょうか(聴衆から「塚田さん!」と言う声)。そうなのです。でも厳しい戦いなのです。皆さんのお力を塚田一郎に結集をしていただくようによろしくお願いいたします」

◆「アベノミクスの成果」を強調

 まさに、安倍首相は震災復興対策を“人質”に塚田氏への投票要請をした形だ。6月29日には、土地改良事業(農業土木)予算を増額させた二階幹事長が、事業関係者を前に「選挙で頑張ったところには予算をつける」と発言している。国家予算を選挙対策費として使う、利益誘導選挙を実践していたのだ。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月19日の経済記事

キーワード一覧

  1. 観光 東京

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。