パチンコ族議員誕生ならず。尾立候補の落選が業界にもたらすものとは?

パチンコ族議員誕生ならず。尾立候補の落選が業界にもたらすものとは?
 先の参議院選挙において、パチンコ業界の「族議員」として立候補し、筆者がずっと追ってきた(*)尾立源幸氏が落選した。

 総得票数92881票、19人が比例当選した自民党で、23位の結果であった。尾立氏を推挙した業界関係者の落胆は顕著であるが、一方でこの結果を妥当であると捉える関係者もいる。
(*参照●パチンコ業界紙に踊った「『おだち』を国政に」。その意味と背景
●パチンコ業界を利する得票数は20万票。その希望を一身に担う自民党・尾立源幸
●自民党・尾立源幸候補に向けられた「一大産業なのにマイノリティ」なパチンコ業界の期待と不安)

 投票日の前日に寄稿した拙文『自民党・尾立源幸候補に向けられた「一大産業なのにマイノリティ」なパチンコ業界の期待と不安』にも書いたが、今回の選挙は、パチンコ業界が初めて挑む国政選挙であり、当初から業界が一枚岩になれるのかということが課題であった。

 しかしその目論見は脆くも崩れ去り、得票数約9万のうち、尾立氏の本来の支持母体である大日本猟友会票を除けば、おおよそ業界票6万という結果であった。パチンコ業界関連の従業者だけでも25万人~30万人いると言われているのに、だ。

◆参院選結果がパチンコ業界に及ぼす影響

 こう言ってしまえば根も葉もないが、そもそも無理筋な話であった。他党からの「鞍替え立候補」であり、支持母体である猟友会の後押しが強いわけでもない。まして世間的に風当たりの強い、パチンコ業界の族議員になる事を公言しての立候補。パチンコ業界票をどれだけ獲得出来るのかが、そのまま尾立氏の勝敗に直結する状況で、業界側には準備をする時間が短すぎた。パチンコ業界団体が尾立氏の応援を合意したのは今年の1月。半年の準備ではすべてが追い付かなかっただろう。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る 2019年7月27日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。