見ているだけではわからない!? 日本語Webフォント環境充実に至る苦闘の歴史

見ているだけではわからない!? 日本語Webフォント環境充実に至る苦闘の歴史
Free-Photos via Pixabay
◆Webページにおける昔のフォント指定

 Webのフォントまわりのことについて少し書こうと思う。理由は昨年の9月に、Webのフォントまわりの事情が大きく変わったからだ。しかし、そのことを直接書いても、過去の事情が分からない人には、どういうことなのか理解できない。そのためインターネットの黎明期から順にたどり、Webのフォントの進化について書く。普段見ているWebの文章についての裏事情というわけだ。

 さて、紙の印刷物とWebの文書は見た目が大きく違う。紙という「サイズが決まっている」媒体と、Webという「サイズが不定でスクロールして読むもの」では作り方が異なる。それ以外にも、フォントが見栄えに与える影響が無視できない。

 インターネットの黎明期、そもそも文章にフォントを指定する方法はなかった。Webブラウザが選んだフォントで文章は表示されていた。

 その後、Webの進化に従いフォントの指定が可能になり、見た目をコントロールできるようになった。具体的には、1995年の Netscape 2.0 で、font タグが導入されサイズの指定が可能になった。そして1996年の Internet Explorer 3 で face 属性が追加されて、フォントの指定がおこなえるようになった(参照:Netscape FONT Element、FirefoxとWebブラウザ年表)。

 ただ、実際にはフォントの選択は制約が多かった。たとえ指定しても、その閲覧環境に指定したフォントが入っていなければ反映されなかった。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る 2019年8月24日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら