トランプ大統領の「just left」発言をアメリカ人に聞いてみたら……

       
「この“Just left”の前には本来なら“I”が入るんだけど、それを略しているからね。『私はさっき去った? 別れた? 安倍首相と』って意味だよ」(Eさん・36歳・ケンタッキー州

「『ちょうど安倍首相と別れたところ』ってことだね」(Cさん・34歳・オハイオ州)

 残りの3人も概ね回答は同じで、残念(?)ながら「朝日新聞を左翼認定!」と答えた人はいなかった。

◆珍訳に対して「よお、ファシスト」

 そこで、そんな日本の一部ネットユーザーの解釈についてどう思うか聞いてみると、なんとも辛辣な答えが返ってきた。

「オー・マイ・ゴッド、なんてバカなんだ。トランプの支持者と一緒だよ。どんなにありえないことでも、自分たちの考えに当てはめるために何でも捻じ曲げてしまう。救いようがないね」(Pさん・38歳・カリフォルニア州)

「完全に間違ってる。どんなニュアンスでも、この“Left”を『左翼』って訳すのは不可能だよ」(前出・Eさん)

「よお、ファシスト。まずは英語を勉強してから出直してこいバカタレ」(Aさん・34歳・カリフォルニア州)

「そもそも、トランプみたいなやつが『朝日新聞』なんて知ってるわけがないだろ。自分が好きなもの以外の知識なんて何もないやつなんだから。まったく何を考えてるのか……」(Jさん・36歳・ワシントン州)

 と、「朝日新聞を左翼認定説」が間違いであることを指摘するばかりか、その無理な解釈の仕方に苦言を呈する始末だった。

 これだけあきらかな誤訳で、英語ネイティブから間違いを指摘されても、珍訳を信じ続ける人たちがいなくなることはないだろう。しかし、そんな騒動の発端となった8月末のG7、そして夏休みも終わり、世間は新学期に突入している。今後、こういった恥ずかしい間違いを「世界に拡散するべき!」と叫んでしまわないよう、まずは英語の勉強を始めてみるのもいいかもしれない。

<取材・文/林 泰人>

【林泰人】
ライター・編集者。日本人の父、ポーランド人の母を持つ。日本語、英語、ポーランド語のトライリンガルで西武ライオンズファン

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月7日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。