「朝鮮幼稚園の無償化対象外」を、外交カードとして使うことは正しいのか?

「朝鮮幼稚園の無償化対象外」を、外交カードとして使うことは正しいのか?
鮎 / PIXTA(ピクスタ)
◆無償化から除外された外国人運営の幼保施設

 10月1日から10%に引きあげられた消費税を財源にして、全国の幼稚園や保育園が無償化される。乳児や幼児を抱える子育て世代には、消費税増税に関する議論は多々あれ、それでも嬉しい施策であることには間違いない。

 今回の幼稚園・保育園の無償化では、認可施設だけではなく、託児所やベビーホテル等の認可外施設も(必要性が認められれば)対象になっておりその恩恵の幅は広い。

 ただし、外国人が運営する幼保施設(各種学校)を除けば、の話だ。

 日本全国には約55,000カ所の幼保施設があるが、今回の無償化の対象から外れたのは、88カ所の各種学校のみである。割合にして0.16%。実はその内の40カ所が、朝鮮幼稚園なのである。

 この点について、政府が外国人施設を「狙い撃ち」したのではないのかという指摘もあるが、萩生田光一文部科学大臣は、各種学校の無償化対象除外について、「(各種学校は)法律による幼児教育の質が制度的に担保されているとはいえない。そのような趣旨は全く持っていない」と反論している。

◆「各種学校」として認可されているのに除外

 各種学校幼保施設の無償化対象外の是非が本稿の主旨ではないので、問題点だけを先に説明しておく。

 前提として、「各種学校」という言葉について。

 各種学校とは、学校教育法第1条に規定される学校以外の教育施設を指すもので、都道府県教育委員会や都道府県知事が認可しているものを指す。各種学校に無認可校は含まれていない。

当時の記事を読む

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「消費税」に関する記事

「消費税」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「消費税」の記事

次に読みたい「消費税」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月6日の経済記事

キーワード一覧

  1. 消費税 経過措置
  2. 消費税 軽減税率

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。