スペイン総選挙、「極右躍進」報道は一面的過ぎ。実際には、「分断」がより複雑に進む

スペイン総選挙、「極右躍進」報道は一面的過ぎ。実際には、「分断」がより複雑に進む
辛くも第一党を維持した社会労働党とペドロ・サンチェス首相(真ん中) (Photo by A. Ware/NurPhoto via Getty Images)
◆スペイン総選挙、中道左派が第一党を守るも極右躍進

 11月10日、スペインの総選挙が行われた。今回の選挙は、4月28日の総選挙で社会労働党が勝利したものの、過半数の議席(176議席)を得ることが出来ず、他政党との交渉でサンチェス暫定首相は連立政権などを模索したが結局他政党からの協力を得られずに行われることになった「再選挙」であった。

 そんな経緯の再選挙の結果を受けて、12日、ペドロ・サンチェス首相率いる中道左派の与党社会労働党とポデーモスが連立政権を誕生させるための合意が結ばれたことが発表された。

 しかし、首班指名で承認されるための必要な議席数の確保の最終確認はまだ済まされていない。

 今回の選挙における全国レベルの政党の前回の議席数と今回獲得した議席数を以下に示す。

社会労働党(中道左派):123議席⇒120議席
国民党(中道右派):66⇒88
ボックス(極右):24⇒52
ポデーモス(急進左派):42⇒35
シウダダノス(中道右派、反カタルーニャ独立):57⇒10
マス・パイス(新興左派):0⇒3
複数の地方政党:38⇒42

◆サンチェス首相や各政党が陥ったジレンマ

 選挙結果は16政党が議席を獲得することになり、しかも与党の社会労働党が議席を減らし、極右政党ボックス(Vox)が大幅に議席を伸ばすなどして前回の選挙よりも内閣を誕生させることがより難しいものとなった。

 というのも、例えば、これまで与党として政権を担って来た社会労働党が首班指名で過半数の議席を確保しようとすれば同じ左派系の政党からの協力を得ようとした場合にポデーモスとマス・パイスの議席を足しても158議席にしかならないからだ。そのため、過半数の176議席を確保するには地方のナショナリズム政党に議席を借してもらうことが必要となる。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月14日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。