享楽的なポップが溢れた80年代に怒りの拳を突き上げたアーティストたち<戦うアルバム40選・’80年代編>

享楽的なポップが溢れた80年代に怒りの拳を突き上げたアーティストたち<戦うアルバム40選・’80年代編>
photo via Pexels
 ポップ・ミュージック史において、社会の不公正や時代の動乱と向かい合った社会的メッセージで時代に一石を投じたアルバムを紹介する「戦うアルバム」(60年代編,70年代編)。3回目の今回のテーマは‘80年代。音楽ムーヴメントが起こらず、ポップなものばかりが流行ったと思われがちな時代だが、それは大きな誤解。アメリカはレーガン、イギリスはサッチャーなどのネオコン政権。社会問題では南アフリカの人種隔離政策のアパルトヘイトが国際的な問題になるなど、戦う要素はむしろ他の時代よりも多いくらいだった。

◆アパルトヘイトの存在を世界に示したピーター・ゲイブリエル

『III』Peter Gabriel(1980)

 ‘80年代に最も独創的なアーティストの一人として数えられたピーター・ゲイブリエル(Peter Gabriel)。70sはクラシカルなプログレ・バンド「ジェネシス」(Genesis)のフロントマンとして知られたが、ソロ3作目となったこのアルバムでは一転、ファンキーなビートを強調したグルーヴィーなサウンドと、来るべきMTV時代を想定した斬新な映像感覚で勝負するアーティストに転身。それと共に歌の題材も世界が直面する社会的な問題にメスを入れたものとなっていった。

 子供の視点から核戦争の脅威を歌った「Games Without Frontiers」、そして、南アフリカのアパルトヘイトと勇敢に戦い殉死した人種問題活動家スティーヴ・ビコに捧げた「Biko」は彼のキャリアのゲームチェンジャーとなった名曲だが、とりわけ後者でアパルトヘイトの存在を知った者も少なくない。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る 2019年11月16日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。