他人のツイートをリツイートしたら名誉棄損!? 橋下徹氏をめぐる裁判の異様な判決(3)

他人のツイートをリツイートしたら名誉棄損!? 橋下徹氏をめぐる裁判の異様な判決(3)
「ソーシャルネットワークサービス(SNS)で第三者の投稿をリツイートしただけで名誉毀損に問われ、賠償金を支払わされる」という判決が9月12日に大阪地裁で出された。

 この裁判は、「日本維新の会」創設者、元大阪府知事・大阪市長の橋下徹弁護士が2017年12月、インディペンデント・ウェブ・ジャーナル(IWJ)の岩上安身代表を被告として、110万円の損害賠償を求めた名誉毀損訴訟(本訴、岩上氏も反訴)。大阪地裁第13民事部(末永雅之裁判長、重髙啓右陪席裁判官、青木崇史左陪席裁判官)は9月12日、岩上氏に33万円の賠償を命じる判決を言い渡した。

 岩上氏は判決後の記者会見で「仰天した。予想よりずっと悪い判決だ。橋下氏側の主張がそのまま受け入れられた不当な判決だ」と述べ、13日に大阪高裁へ控訴している。舞台を高裁に移したこの裁判について、3回にわたって振り返る(第3回)。

◆裁判を取材せずに「リツイートで名誉毀損」と報じたメディア

 判決を報じたメディアは「リツイートでも名誉毀損成立」に注目して報道した。「リツイートは名誉毀損」(『朝日新聞』)「リツイートは賛同行為」(『毎日新聞』)「「リツイート」で橋下氏の名誉を毀損」(『読売新聞』)「ツイッター転載で大阪地裁」(『中日新聞』)「中傷のツイート転載で名誉毀損(『産経新聞』)という見出しで、近畿地方のテレビ局も同じような報道を行った。

 私はこの裁判の口頭弁論をすべて傍聴取材したが、記者クラブの記者たちは3月27日の橋下氏らの証人尋問の際、数人の記者が傍聴しただけだった。今回の判決言い渡しの際にも、記者クラブの記者は一人も廷内におらず、閉廷後、廊下で弁護団のコメント取材をしただけだった。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。