闇株新聞は「ヤフー(Zホールディングス)とLINEの経営統合」どう見たか?

闇株新聞は「ヤフー(Zホールディングス)とLINEの経営統合」どう見たか?
ヤフー親会社Zホールディングス(HD)の川辺健太郎社長(左)とLINEの出沢剛社長 (EPA=時事)
◆ヤフー(Zホールディングス)とLINEの経営統合

11月18日にヤフーとLINEの経営統合が発表された。このヤフーは持株会社であり、上場会社のZホールディングス(以下、ZHD)と同義である(厳密には、ヤフー株式会社は10月1日付けでZHDへと社名を変え、同時に事業部門を分割して傘下に二代目といえるヤフー株式会社を100%子会社として設立している)。

 両社の経営統合については11月13日夜に一部報道機関が伝え(参照:日経新聞)、両社も翌14日には「経営統合を検討している」ことだけは認めていた。それを受けて、14日にはZHDの株価が459円、LINEが15日には5400円の高値をつけていた。

 ただ、18日に発表された経営統合案は「和製プラットフォーム企業」としてのシナジー効果が強調されていたが、何よりもその具体的な経営統合方式の「わかりづらさ」が気になった。その経営統合方式を中心に解説する。

◆「わかりづらい」経営統合方式

 まず、ZHDは発表時点における発行済み株数が4,822,417,565株で、ソフトバンク(携帯電話会社のほう)が自己株を除く議決権の44.6%に相当する2,125,366,900株を保有する筆頭株主(親会社)である。正式発表日(11月18日)の終値の422円で計算した時価総額は2兆350億円となる。

 一方のLINEは発行済み株数が240,961,642株で、韓国のNAVERが自己株を除く議決権の72.64%に相当する174,992,000株を保有する筆頭株主(親会社)である。同じく18日の終値の5150円で計算した時価総額は1兆2409億円となる。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュース

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。