問題だらけの「記述式」導入。なぜ文科省は固執するのか?<短期連載:狙われた大学入試―大学入学共通テストの問題点―>

問題だらけの「記述式」導入。なぜ文科省は固執するのか?<短期連載:狙われた大学入試―大学入学共通テストの問題点―>
Graphs / PIXTA(ピクスタ)
◆数学の切り口から共通テストの問題点を指摘

 2021年1月からこれまでのセンター試験から大学入学共通テストに移行します。

 この新しいテストには、いくつもの重要な問題点があると言われています。筆者の専門は数学ですので、この問題点を数学の切り口から解説します。

 共通テストの問題点に早くから気がついている人は5年以上前から指摘していますが、メディア等の報道が増えたのは最近ですので、最近になってこのことを知ったという方も多いことでしょう。最近知った人、以前から気になっていた人もここを読めばわかるように解説しますので、どうぞおつき合いください。

◆今、何が起こっているの?

 大学入試センター試験は、1990年1月から開始しおよそ30年間、1979年1月から開始した共通1次試験から数えると40年ほど継続して実施されてきました。この大学入試センター試験が、2020年度内の入試(実際は2021年1月実施予定)から「大学入学共通テスト」(以下、「共通テスト」と記します)という新しいテストに変わります。

 この新テストでは、数学と国語に「記述式」の試験が新たに導入されます。この記述式の試験が、その必要性、公平性、そして、それを行うことによって周辺に与える学習環境等の変化に問題点があると多くの専門家が指摘しています。ここでは、これまでに行われた2回の試行調査を参考にしながら、共通テストのこれまでを整理しましょう。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。