麻薬潜水艦はなんと「使い捨て」。カナリア諸島には麻薬潜水艦の墓場が!?

麻薬潜水艦はなんと「使い捨て」。カナリア諸島には麻薬潜水艦の墓場が!?
2010年にエクアドルで見つかった麻薬密輸潜水艦photo by DEA (Public Domaiin)
 先日、スペイン・ガリシア地方でコカイン3000キロ分を積載した「手作りレベル」の潜水艦が治安警察によって摘発されたことを寄稿した。

 152個の包みに分けられた3トン分のコカインを積んだ「潜水艦」は、南米コロンビアを出向してアフリカのカーボベルデから北上してポルトガルからガリシア地方に向かった。実に20日間の航海だったという。警察の監視の届かない海上で積荷のコカインをガリシアのカルテルに渡す予定であった。ところが、時化でそれが不可能となり、しかもエンジンも不調で燃料も残り少なくなっていた。ということで、仕方なくアルダン港に向かいその河口に入ったところで待機していた治安警察に発見されたのであった。摘発を恐れて、1億ユーロ(118億円)の価値あるコカインを積んでいた潜水艦を沈没させたが、結局それも引き揚げられお縄になったわけだ。(参照:「EL Mundo」、「La Razon」)

◆「密輸用潜水艦」増加の背後にレーダー性能向上

 アメリカの海上では今世紀に入ってからレーダーシステムの性能が向上して麻薬密輸艇の発見がより容易となっている。それに対抗して、発見され難い麻薬を積んだ潜水艦の航行が南米や中米から米国に向けて頻繁となって行った。

 当初、Big Footと呼ばれていた麻薬潜水艦は一般には噂の域を出ることはなかった。それが初めて一般に姿を現したのは2006年のことであった。コスタリカの沖合160キロの所でそれが摘発されたのであった。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月7日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。