災害復興もままならぬ中に菅官房長官がぶち上げた「国費で高級ホテル」構想の愚

災害復興もままならぬ中に菅官房長官がぶち上げた「国費で高級ホテル」構想の愚
photo via Pexels
年々増え続ける外国人観光客。インバウンド需要はもはや日本経済に欠かせない要素となっているが、さらなる受け入れ拡大に向け、今月7日に菅義偉官房長官は「各地に世界レベルのホテルを50か所程度新設する」と発表した。

◆日本は「安くてお得」な国

 具体的には富裕層に向けた「スイートルームを多く備えたホテル」だそうで、「財政投融資を活用し、日本政策投資銀行による資金援助などを行う」とのことだが、これには違和感を抱かざるを得ない。

 仕事柄、筆者は外国人観光客に取材を行うことが多いのだが、彼らがよく口にするのが、「日本は安いのが魅力」という言葉だ。

 ここ数年、都心部の飲食店では外国人観光客が激増している。平日の深夜でもカウンターは満席、そして客が全員外国人という光景も珍しくなくなっている。

 店員や周囲の客にもお酒を振る舞うなど、一見するとものすごくリッチに思えるが、仕事を聞くと一般企業に勤める所謂サラリーマンだ。

 もしあなたが「自分は日本の平均的なサラリーマンである」と思うならば、想像してみてほしい。長期休暇を取って、航空費も高い欧米へ旅行に行き、現地で宿泊費や飲食費を払いながら、周りの人々にも振る舞えるだけの余裕があるだろうか?

◆富裕層をターゲットにする根拠は?

 今でも日本は先進国で、海外に比べると物価が高いというイメージが蔓延しているが、現実には「お得に楽しめる」国になっているのである。もちろん、これは決してネガティヴなことではない。多くの外国人が訪れて日本の文化を満喫し、楽しんでくれるのは喜ばしいことだ。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「観光 + 東京」のおすすめ記事

「観光 + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月12日の経済記事

キーワード一覧

  1. 観光 東京

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。