COP25閉幕。グテーレス国連事務総長の落胆と、閉会後のグレタさんを巡る騒動

COP25閉幕。グテーレス国連事務総長の落胆と、閉会後のグレタさんを巡る騒動
photo by John Englart via flickr(CC BY-SA 2.0)
◆COP25閉幕。アントニオ・グテーレス氏の「失望」声明

 スペインのマドリードで開催されていた地球温暖化対策のための国際会議COP25(第25回 国連気候変動枠組条約締約国会議)が、2日間の会期延長の後、15日に閉幕した。閉幕に伴い、国連事務総長のアントニオ・グテーレス氏が以下のような声明を発表したが、この内容からも分かるように、COP25の成果はあまり芳しいものではなかったようだ。

◆Statement by UN Secretary-General António Guterres on the Outcome of the UN Climate Change Conference COP25 in Madrid

“COP25の結果には失望している。

 国際社会は、気候危機に立ち向かうための緩和策・適応策・資金提供に対する意欲の高まりを世に示す重要な機会を逃した。

 しかし、我々はあきらめてはいけない。そして私は、今後もあきらめないつもりだ。

 2020年が、2050年の炭素中立の達成と、気温上昇の1.5℃以下への抑制に必要な科学的要求に、すべての国が従うことを約束する年となるよう、私は動き続けることを今まで以上に強く決意した。” (※ 和訳は筆者による)

 なお、この声明に登場する「緩和策(mitigation)」、「適応策(adaptation)」、「炭素中立(carbon neutrality)」は地球環境分野で使われる専門用語で、それぞれ次のような意味を持っている。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月20日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。