現役局員が激白。かんぽ生命の不適切契約で揺れる日本郵便、「局内はノルマ主義とパワハラ」

現役局員が激白。かんぽ生命の不適切契約で揺れる日本郵便、「局内はノルマ主義とパワハラ」
郵便局の内情について語ってくれた
       
 昨年、かんぽ生命による不適切な契約が明らかになった。新卒2年目で関東某所の郵便局に勤めるコウさん(仮名)は「局内はノルマ主義」だったと話す。「働いている目的が見いだせない」が口癖の彼。局内では、保険の結果を出せない社員が上司によく怒鳴られていたという。

◆局内で感じたモヤモヤ 何かがおかしい

 東京都内にある飲み屋街。チェーン店ではなく、個人経営の居酒屋が立ち並ぶ。指定された店に入ると、スーツ姿の男性が奥の椅子にビールを飲みながら座っていた。名前は、コウさん。具体的な年齢は言えないとのこと。大学を卒業して2年目だという。

 コウさんは、関東地方にある4年制の私立大学を卒業後、日本郵便株式会社に入社。住宅街が立ち並ぶベッドタウンにある郵便局に配属された。来客した客にATMの案内などをする、銀行窓口業務に日々追われているという。

 働き初めて半年が経ったころ、コウさんは言葉に表せない感情を抱いたと話す。

「最初にいた局内の雰囲気はクソだよ。ノルマ主義だった。保険取るんだったら土日出勤やむを得ずが当たり前。主任とかが、詰められているのよ。もっと上のお偉いさんに。その偉い人がよく言うの。『(結果が出せないのは)何がダメなのか、考えたことある?』」

 段々と、コウさんは銀行窓口以外の業務を任されて始めた。コウさんは、業務の内容を心からやりたいとものだと思えなかったという。今年の頭に、精神が荒み、会社を数か月休職することになった。診断書には、健康上の理由で働くことを控える旨が記載されていた。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。