運転に自信ありなイキリ中年男に要注意! あおり運転、40代以上の男性の約6割が経験あり

運転に自信ありなイキリ中年男に要注意! あおり運転、40代以上の男性の約6割が経験あり
 昨今、多発しているあおり運転。警視庁は道路交通法改正により、あおり運転を処罰できるよう検討しているとのことだが、ドライバー個人でも対策を行う機運が高まっている。

 パナソニック株式会社オートモーティブ社(以下、パナソニック)は、1月14日に「あおり運転とドライブレコーダーの使用状況に関する調査」を発表。

 調査は、3カ月に1回以上自動車を運転し、かつ年末年始に自動車で帰省や長距離のお出かけをする予定のある全国の20代~60代の男女2000人を対象に実施。あおり運転に繋がりかねない「あおり運転予備軍」の存在が浮かび上がってきた。

◆あおり運転を受けたことがある人は約8割

 調査結果では、約8割が「あおり運転を受けたと感じたことがある」と回答した。被害の内容としては、「車間距離を詰める」(85.4%)が最も多く、次いで「パッシング」、「クラクションでの威嚇」、「幅寄せ」と続いた。

 では、あおり運転を受けたきっかけはどのようなものなのだろうか。

 「周りの車の流れよりスピードが遅かった」(30.1%)が思い当たる節としては一番多く、その他考えられるのは「車線変更した/割り込みをした」、「追い越し車線を走り続けた」とのことだが、約4割の回答者は「特に思い当たらない」という。

◆道路は公共空間だからこそマナーは守るべき

 被害を受けた人の59.2%が対処法として「道を譲った」と回答した一方で、「何もしなかった/できなかった」人も多く、万が一被害に遭った際の対応を考えておく必要がありそうだ。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「東芝」のニュース

次に読みたい関連記事「東芝」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NEC」のニュース

次に読みたい関連記事「NEC」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月23日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。