侵入即発砲で3人が死亡。凶悪犯罪にも慣れたタイ人を震撼させた「金行強盗」。犯人はなんと教師で2度衝撃

侵入即発砲で3人が死亡。凶悪犯罪にも慣れたタイ人を震撼させた「金行強盗」。犯人はなんと教師で2度衝撃
流出した防犯カメラ映像 (via LiveLeak)
◆残虐事件にも慣れっこなタイ人を震撼させた凶悪事件

 タイは一見治安がいいように見えるが、日本と同じほどというわけにはいかない。外国人の一般観光客が行くところはそれほどでもないが、タイ人が暮らすエリアでは日常的に事件が起こっていて、人間の心の闇を感じさせる事件も少なくない。そのため、日本では考えられないような残虐事件にも慣れっこになっている節も多くのタイ人に見られるが、そんなタイ人も震え上がらせる凶悪事件が起こった。

 2020年1月9日夜21時前、バンコクの北方100キロ超の辺りにあるロッブリー県の商業施設内の「金行」をひとりの強盗が襲った。金行というのは金製品を売買する店で、今はタイ人からもあまり興味を持たれていないが、かつては資産運用や保全に金製品が利用されていた(*参照:HBOL)。金行強盗もタイ全土を合算すれば年に何回も起こるのだが、今回の強盗は様子が違った。

 というのも、商業施設に侵入し金行近辺に来るなりいきなり拳銃を発砲したのだ。これにより、流れ弾で被弾した2歳児を含む3人が死亡し、4人がケガをした。金行の被害は金製品が60万バーツ相当(210万円相当)と報道されている。
 ためらいもなく発砲している様子、発砲時の姿勢、さらには所持していた拳銃の先端が長いためサプレッサー(銃声などを抑制する器具)が取りつけられている様子が防犯カメラに映っており、SNSなどでその犯行の一部始終が瞬く間に広まった。誰もがプロの殺し屋、あるいは軍人だと思った。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月6日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。