カジノ誘致に反対する“横浜のドン”が安倍首相・菅官房長官に再び反旗

カジノ誘致に反対する“横浜のドン”が安倍首相・菅官房長官に再び反旗
横浜港運協会の賀詞交歓会で挨拶をする藤木幸夫会長
◆「菅官房長官は安倍首相の腰巾着、安倍首相はトランプの腰巾着」

「『安倍首相はトランプ大統領の腰巾着』というのはほめ言葉なのです。(腰につける)巾着は、お金が入っているがま口でしょう。スポンサーのことを言うのです。悪い意味で解釈をしてはダメなのです」

 こう解説してくれたのは、“ハマのドン”こと横浜港運協会の藤木幸夫会長(90歳)。林文子・横浜市長がカジノ誘致表明をした去年8月、「オレは命を張っても反対する」「(カジノ推進の)ハードパワーと闘うつもりだ」と会見で反対を表明した後、しばらく鳴りを潜めていた。しかし1月6日の賀詞交歓会(港運協会主催)に久しぶりに姿を現して挨拶。囲み取材にも応じて、再び“藤木節”を炸裂させ始めていたのだ。

 昨年8月の会見では、カジノ推進勢力を「ハードパワー」と名づけながら、日米の政治構造を分かりやすく説明。「(カジノ誘致表明で藤木氏の顔に)泥を塗ったのは林さんだけど、塗らせた人がいる」「(林氏の背後にいる神奈川2区選出の)菅官房長官は安倍首相の腰巾着。安倍首相はトランプの腰巾着」と指摘した。

 トランプ大統領の大口献金者であるアデルソン会長率いる「ラスベガス・サンズ」など米国カジノ業者の意向が米国政府経由で安倍政権に伝わってカジノ法案が成立、日本進出で莫大な利益創出(日本国民にとっては国富流出)が可能となった。

 当然、米国カジノ業者が儲かれば儲かるほど、トランプ大統領への献金額は増えることが期待できる。藤木会長が「安倍首相はトランプ大統領のスポンサー」と褒め殺しにしたのはこのためだ。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。