分散できるほど資金に余裕がない人必見。「小型株集中投資」で億超えを果たした男の手法に迫る

分散できるほど資金に余裕がない人必見。「小型株集中投資」で億超えを果たした男の手法に迫る
イラスト/いらすとや
 値動きの軽い「小型株集中投資」によって、一撃1億円以上の爆益を見事摑んだ投資強者が存在する。自身の体験から編み出した「無法の投資哲学」を余すところなく公開。刮目あれ!

◆低リスクの「チャンス株」で一点勝負!

 投資の格言に「卵は一つのカゴに盛るな」というものがある。資金をいくつかの銘柄に分けて保有することで、万一、どれかが暴落してもほかでカバーできる分散投資だ。リスクヘッジにおける投資の鉄則である。

 しかし、そんな常識を打ち破り、「小型株への集中投資」によって巨額のリターンを得た猛者がいる。投資家の遠藤洋氏だ。

「ホームランを狙える小型株を厳選して中長期投資を行います。ウオッチ銘柄は多くても3つまでが好ましい。この手法で僕は’17年に『北の達人』で+1200%を叩き出すなどして、億単位のリターンを得られました」

 北の達人(東証1部2930)という当時はまだマイナーだった銘柄を導き出した遠藤氏。このような投資スタイルに辿り着いた経緯とは?

「投資を始めたのは大学3年生のとき。暇つぶし感覚でFXをやってみたのですが、なんの知識もなかった僕は、レバレッジを限度いっぱいの100倍に設定し、アルバイトで貯めた虎の子の30万円を一瞬で吹き飛ばすことに。しかし、それで火がついた。猛勉強をして、株式投資にも手を出すようになっていったのです」

 投資の世界にどっぷりと浸かるも、なかなか結果が出ない日々が続いたという遠藤氏。契機となったのは、兼業投資家ならではの悩みからだった。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月21日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。