余計な一言が部下を萎縮させる。「聞いてるつもり上司」の落とし穴

余計な一言が部下を萎縮させる。「聞いてるつもり上司」の落とし穴
photo via Pexels
日ごろの対話や面談や商談で、「ああしろ」「こうしろ」「あれが良い」「これが良い」と指示・命令したり、売り込みをしてばかりいては、同僚であっても顧客であっても、巻き込むことができない。北風と太陽ではないが、うるさく言われれば、誰でもうっとうしく思うものだろう。

◆コーチング話法は瞬発性が肝心

 そこで、指示・命令や売り込みをする代わりに、次の5つの質問を繰り出すと相手を巻き込みやすくなる。相手にどうしても指示・命令したいことは、この5つの質問のあとに伝えると、相手の腹落ち度合が格段に高まる。

●相手を巻き込む「5つの質問」
1:やってみてどうでしたか?
2:うまくいったことは何ですか?
3:うまくいかなかったことは何ですか?
4:どのように改善したいですか?
5:サポートを得たいことは何ですか?

 ところがこの5つの質問も、とっさのとき瞬時に繰り出せるようにしておかないと、肝心な場面で相手を巻き込めないことになる。筆者がビジネススキルを向上させる演習をしていると、とっさのときにはつい指示・命令を売り込みのフレーズが口に出てしまう人が実に多い。

 とっさのときに相手を巻き込む質問を繰りだせるようになるためには、反復演習して体で身につけておくことが必要だ。何も長い年月が必要なわけではない。2時間程度、自撮りしながらロープレし、自分の話法の動画を自分で確認して修正する反復演習をすると、相当程度、いざというときに使えるようになる。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月24日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。