『ミッドサマー』明るい地獄なのにホラー映画ではない「3つ」の理由

『ミッドサマー』明るい地獄なのにホラー映画ではない「3つ」の理由
(c)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.
◆作り手は「ホラーではない」と断言している、しかし……
2月21日より映画『ミッドサマー』が公開されている。監督を務めるのは『ヘレディタリー/継承』(2018)で「ここ50年でのホラー映画における最高傑作」などと絶賛を浴びたアリ・アスターだ。

筆者は、その『ヘレディタリー/継承』のクライマックスでのあまりの恐怖に涙を流してしまい、その夜はいい年をして電灯を消すのが怖くてなかなか寝付けなかった。それほどの衝撃作を経ての長編第2作となるこの『ミッドサマー』に、大いに期待して試写に足を運んだのは言うまでもない。


結論から申し上げれば、『ミッドサマー』は凄まじかった。観た直後は生まれたての子鹿のように脚がガクガクと震え、この映画を作ったのは人間じゃないとまで思い始めた(我ながらひどい)。しかし、実際のアリ・アスター監督のルックスはつぶらな瞳をしたチャーミングなお兄さん(現在33歳と若い)だ。あの笑顔から、どうしてここまでの映画が作れるのだろうか。本気でそう疑問に思うほどに、良い意味での地獄を体験できる作品だったのである。

そのアリ・アスター監督は本作の舞台挨拶やインタビューで、「ホラーではないですし、怖くもありません」と繰り返し主張している。個人的には「嘘だー!マジで怖かったしホラーだったよ!」と大人気ない反論をしたくなるのだが、一方では「確かに、これをホラー映画とカテゴライズしない理由もわかる……」と、その作り手の意見を尊重したくなる気持ちも芽生えてくるのである。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。