カフェの業態は「街の性格を映す鏡」!?――山手線に誕生した「2つの新業態カフェ」その違いとは

カフェの業態は「街の性格を映す鏡」!?――山手線に誕生した「2つの新業態カフェ」その違いとは
3月21日に新駅舎となったJR原宿駅。奥に見える木造駅舎は今年中に解体、その後は意匠を模した建物を建築する予定だという。
 この3月、山手線に2つのニュースポットが相次いで誕生した。1つは約50年ぶりの新駅となった「高輪ゲートウェイ駅」、そしてもう1つが、約100年ぶりに新駅舎となった「原宿駅」だ。
 実は、この2駅の駅舎内には、お馴染みのカフェチェーンによる「新業態店舗」が出店している。その2つの個性的な業態は、いずれも新駅周辺の「街の変化」が生んだものだった。

◆デキるビジネスマンは「スタバのカプセルに籠って仕事漬け」?!

 最初に紹介するのはスターバックスコーヒーの新業態となる「スターバックスコーヒー高輪ゲートウェイ駅店」。
 この新店舗がターゲットとしたのは「おひとり様」「ビジネスマン」だ。

 高輪ゲートウェイ駅店とスタバ従来店との大きな違いは、同社で初となるビジネス利用にフォーカスした空間「スマートラウンジ(SMART LOUNGE)」、そして完全個室のオフィスブース「ステーションブース(STATION BOOTH)」が導入されるなど、ビジネスマンに特化した業態となっていることだ。

 そのうち、スマートラウンジは「店内で集中して仕事や作業などを行いたい!」というニーズに応えるもので、仕事の打ち合わせなどに便利な大テーブルと、1人でも気軽に利用できる区切られた6席の半個室席を設置。さらに、店内にはJR東日本が展開する有料の小型カプセル型シェアオフィス「ステーションブース(STATION BOOTH)」も2台設置されている。こうしたシェアオフィスがスタバ内に設置されるのも日本初のこと。カプセルに籠ってコーヒーを飲みながら仕事を行えば「デキるビジネスマン」…の気分になれるかも知れない。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「スターバックス」のニュース

次に読みたい関連記事「スターバックス」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月14日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。