新型コロナ巨大災害下で「不要不急」の原発再稼働工事を進める日本原電、進めさせる茨城県

新型コロナ巨大災害下で「不要不急」の原発再稼働工事を進める日本原電、進めさせる茨城県
日本原電東海第二発電所入り口付近(撮影/牧田寛 GoPro画像より)
◆電力会社と原発を襲い始めた新型コロナ

 不気味なほどに高い感染力を持つ新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が、とうとう電力会社や原発までを襲い始めた。2020年4月25日までに東京電力ホールディングス株式会社グループ(以下、東電)からは11名の新型コロナ感染者が確認され、そのうち2名が柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市)に勤める社員とされている。

●当社柏崎刈羽原子力発電所における新型コロナウイルス感染者の発生について:東京電力 4月18日
  
●当社柏崎刈羽原子力発電所における新型コロナウイルス感染者の発生について:東京電力 4月24日
  
●当社グループにおける新型コロナウイルス感染者の発生について:東京電力 4月25日
  
 さらに、柏崎刈羽原発が所在する柏崎市からはもう3名の感染者が確認されているが、そのうち2名が東電社員(柏崎刈羽原発ではない事業所に勤務)、そして、残る1名が、感染が確認された東電社員の家族とされている。すなわち、これまでに柏崎市で確認された感染者5名すべてが東電関係者なのだ。*
〈*新型コロナウイルス感染症患者の発生 柏崎市 4月25日更新
  
 5人目の感染者が確認された4月25日には、事態を重く見た櫻井雅浩 柏崎市長が緊急のコメントを発表し、東電に徹底的な検証を求めるとともに、柏崎市民に注意をうながした。

◆緊急事態下で原電が進める「不要不急」の再稼働工事

 そのような緊迫した事態のなか、日本原子力発電(以下、原電)は、茨城県東海村にある「東海第二原発」の工事を粛々と続けている。東海第二原発は運転開始から42年目にもなる、言わずと知れた老朽原発だ。不幸中の幸いにして、東海村では 5月14日現在まで新型コロナ感染者は1人も確認されていないが、この新型コロナ大災害下でこの原発の工事を続けることは、はたして正当化されるのだろうか。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。