新型コロナの感染拡大、経済活動の再開は時期尚早? アメリカでは慎重派が多数

新型コロナの感染拡大、経済活動の再開は時期尚早? アメリカでは慎重派が多数
 米国では2020年3月から、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるために、各州でそれぞれ外出禁止令を出しました。そのため、多くの企業が労働者を解雇し、米労働統計局によると4月に2050万人もの米国人が失業しました。この規模とスピードの不況は前例がなく、第2次世界大戦以降のいかなる不況より著しく悪い状況です。(参照:FRB)

 そのような状況で、各州知事には、経済を再開するために、計り知れないほどの政治的・社会的圧力がかかっています。ホワイトハウスは、州が経済を再開するためのガイドラインとして、14日間にわたって感染者の「下向きの軌跡」を確認することを推奨していますが、多くの州は確認前に経済を再開しました。そして、5月20日までに、全米50州とコロンビア特別区(ワシントンD.C.)で、何らかの形で経済活動が再開されました。(参照:ホワイトハウス、CDC)

◆猛威を振るう新型コロナウイルス

 米国では、外出禁止令が始まる前、新型コロナウイルスの「超拡散イベント」と呼ばれるケースがありました。例えば、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の報告によると、2月と3月にシカゴで夕食会、葬式、誕生日パーティーに参加した男性が、おそらく知らずに少なくとも15人に感染を広げ、そのうち3人が亡くなりました。また、2020年2月末、ボストンで開催されたバイオテクノロジー企業バイオジェンの会議に出席した175人の参加者のうち、100人以上がウイルスに感染しました。(参照:「Boston Herald」)

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月30日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。