人気雑貨ブランド「SWIMMER(スイマー)」がいよいよ3年ぶりに復活!――気になる「販売店舗」や「商品展開」は?

人気雑貨ブランド「SWIMMER(スイマー)」がいよいよ3年ぶりに復活!――気になる「販売店舗」や「商品展開」は?
人気雑貨店「SWIMMER(スイマー)」の単独店舗(大阪市)。2018年1月に全店閉店していたが、2020年10月での「ブランド復活」が発表された
       
 コロナ禍の影響もあり「セシルマクビー」や「アーノルドパーマー」など有名ブランドの終了が相次ぐなか、かつて女子中高生から絶大な支持を集めた人気ブランドがついに帰ってくる。

 2018年1月に販売を終了した人気雑貨ブランド「SWIMMER(スイマー)」の事業を譲り受けた「パティズ」(福島県会津若松市)が、10月26日からのスイマー商品販売再開を発表。約3年ぶりの販売再開を前に「販売店はどこ?」「昔みたいな商品が買えるの?」と気になっている人も多いのではないだろうか。

◆人気のカワイイ系雑貨店「スイマー」、2018年にブランド終了していたが…

 スイマーは渋谷区に本社を置く「白鳳」が展開していたオリジナル雑貨ブランドで、1987年に東京都目黒区代官山で誕生した。
 コンセプトは「ノスタルジックキューティ」で、店内や商品はシンボルの「りんご王子」をはじめとしたパステルカラーで可愛いキャラクターがあしらわれたものが中心。中高生が買えるような手ごろな価格帯の商品が多く、1990年前後のファンシー雑貨ブームを追い風に全国へと店舗網・販売店舗を拡大した。
 近年も「ゆめかわいい系」雑貨店の1つとして知られており、「パルコ」「ルミネ」「エキュート」などのファッションビルや駅ビルに出店。当初のメインターゲットだった女子中高生のみならず「青文字系」のファッションモデルやアイドルにも人気を集めていた。

 しかし、若者をメインターゲットとしていただけに「仕入れ価格の上昇」が大きな問題だったといい、お姉さんブランドとして誕生した「chocoholic」を含む全店舗を2018年1月末までに惜しまれつつ閉店。他社店舗での販売も含めブランド終了となった。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月23日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。