「仮処分決定前」に示談交渉!? N国『誹謗中傷示談金ビジネス』の問題点

「仮処分決定前」に示談交渉!? N国『誹謗中傷示談金ビジネス』の問題点
立花孝志と福永活也弁護士(立花孝志のYou Tubeチャンネルより)
       
 世の中は、さまざまな誹謗中傷で溢れている。そして、こうした言葉の暴力に酷く傷つき、命を絶ってしまう人もいる。だから、ネットに溢れる誹謗中傷をどうにかしなければならないことは間違いない。

 しかし、前回報じた「NHKから国民を守る党」という国政政党がやっていることは、誹謗中傷をなくすことではなく、人々を委縮させ、人々から自由な言論を奪う行為そのものである。それどころか、批判かもしれないものを一方的に誹謗中傷だと決めつけ、裁判で脅し、示談金を要求するものなのだ。

◆キッカケは「ゴキブリの寄生虫」と言ったこと

 キッカケは、ごく普通の一般人が書いた「立花は床下をコソコソ逃げ回るゴキブリかと思ったら、ゴキブリの寄生虫だったというオチ。立花くん、キミね、みじめなのよw」というツイートである。

 確かに、このツイートには賛否が分かれるかもしれない。仕事をしない政治家に対して「よくぞ言ってくれた!」という人がいる一方、「こういう汚い言葉を言われたら政治家でも傷つくので言うべきではない」という人もいることだろう。

 しかし、毎年1億6000万円以上の税金をもらっていながら、センター試験間近の予備校の前で大音量の迷惑演説をかましたり、ヤジを飛ばした高齢者を私人逮捕したり、暴行を受けた女性アイドルに対して「男性に媚びている職業の女性が襲われるのは仕方がない」と言い放ったあげく、これが彼女のセックステープだといって動画を紹介したり、威力業務妨害、不正競争防止法違反、脅迫罪で起訴されたりと、こうした数々の蛮行を見せつけられたら、言葉遣いは別として、政治家としての資質を問われるのは当然のことであろう。

当時の記事を読む

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。