UIとデザイン、機能の進化が生み出す「取り残される人たち」

UIとデザイン、機能の進化が生み出す「取り残される人たち」
Koshiro K / Shutterstock.com
       
◆「Google系アプリのアイコン、見分けが付かない問題」

 世の中の洋服の流行は年々変わる。それに負けず劣らず、IT系のデザインのトレンドもよく変わる。少し前に、Googleが提供しているアプリのデザインが変わり、みんな似た感じになって、分かり難くなったと話題になった(Togetter)。

 こうした問題に対して、近年のデザインの変遷で説明している記事がある(freshtrax)。まず、1990年代後半に流行した、現実世界の物体の表現をふんだんに取り込んだスキュアモーフィズム。その後、Windows8で多くの人は体験した立体表現を排したフラットデザイン。その行きすぎの反動から出てきて、フラットデザインに若干の立体表現を加えたマテリアルデザイン。そして最近話題になっている平面でシンプルな要素と、現実的立体を組み合わせたニューモーフィズム。Googleのアプリのアイコンは、こうした近年の表現に、カラフルな色を流し込んだものだと言える。

 さて、どうして冒頭のようなデザイン変更による不満が出たのか。多くの人は、Googleのアプリのアイコンを、色と形で認識していた。今回のGoogleの変更では、アプリのアイコンから色という情報が削り落とされて、情報量が減ってしまった。

 「情報量が減ってしまった」と私が感じたのには理由がある。ITの世界では、時間とともにユーザーインターフェースから情報量が減っていく傾向があるからだ。そうした流れを私は目撃してきた。

あわせて読みたい

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。