3が日、あの初詣有名スポットはどれくらい「密」だったのか?

3が日、あの初詣有名スポットはどれくらい「密」だったのか?
拡大する(全1枚)
川崎大師
 今年のお正月は、帰省を取りやめて家で過ごす人もいれば、積極的に外出する人たちもいました。日本は12月31日に新規感染者が全国で4337人も見つかり、1月1日は東京で783人の新規感染者が見つかり、東京都、埼玉県、愛知県、京都府などで病院の空きベッドが100%を超える事態に陥っており、千葉県、神奈川県、大阪府、福岡県などで予断を許さない状況となっています。

 こうなってしまうと、新型コロナウイルスのみならず、従来の病気で入院することもままならなくなり、さまざまな疾病において死亡率が高まることになります。この状況をどうにかするためには、政府が「緊急事態宣言」も含めた外出自粛を呼びかける強めのメッセージを発信しなければなりませんが、経済を止めようものなら内閣を支持してもらえなくなってしまうという恐怖心から、「国民に協力を呼び掛けるだけ」という無策が続いています。

 その結果、お正月の定番スポットではたくさんの人が初詣をしたり、買い物に行ったりを楽しんでしまいました。

◆雷門をくぐると、そこは「密」だった
 東京都台東区浅草の浅草寺は、非常に人気の高い初詣スポットのため、例年であれば、正月三が日だけで約290万人が訪れると言われています。歩くのもままならないほど大混雑するはずの浅草寺ですが、元日ではなく2日とはいえ今年は雷門をバックに記念写真を撮れるぐらいに人が少なかったので、おそらく半分以下の参拝客ではないでしょうか。それでも境内の仲見世は狭く、なんだかんだで密な状況が出来上がってしまいます。

当時の記事を読む

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。