パチンコ業界が抱える、「沖ドキ!」問題のジレンマ

パチンコ業界が抱える、「沖ドキ!」問題のジレンマ
沖ドキ!は「沖スロ」と呼ばれるカテゴリの機種でハイビスカスがモチーフの人気機種UDON-CO / PIXTA(ピクスタ)
 コロナ第3波による緊急事態宣言の発布に際する対応のほか、パチンコ業界にとっては、それとは別に頭の痛い問題がある。

 それは「沖ドキ!」問題だ。

 これは既報でも度々解説した、旧規則機の撤去に関する問題でもある。この問題を知るにあたって、まずはパチンコ業界が抱える「旧規則機問題」について簡単に説明を。既に知っている読者は1段落飛ばして頂いて構わない。

◆パチンコ業界が抱える「旧規則機問題」とは?

 政府のギャンブル等依存症対策の流れを受け、パチンコ業界を管轄する警察庁は遊技機の射幸性(≒ギャンブル性)を大幅に抑制するための規則の改正を行った。この規則が施行されたのが2018年2月1日であり、それ以降の遊技機を「新規則機」、それ以前の遊技機を「旧規則機」と呼ぶ。

 よって2018年2月1日には一旦、日本全国に設置されているほぼ全ての遊技機が旧規則機となり、厳密に言えば規則(法律)とは違える遊技機となったのだが、一斉の入替撤去は現実的に不可能なため、約3年間の入替猶予期間が与えられた。本来であれば2020年中にはすべての旧規則機が撤去されるはずだったが、しかしコロナ禍の煽りを受け、国家公安委員会は感染拡大防止の観点からすべての旧規則機の設置期限を1年間延長した。

 しかしパチンコ業界はこの旧規則機を3つに区分し、それぞれに法律よりも厳しい違う撤去期限を定めた。

 業界が特に問題視したのは「高射幸性遊技機」である。高射幸性遊技機は2018年2月1日現在パチスロ機に限定されており、1日に2万枚(貸メダル料換算40万円程度)の出玉実績が確認されたパチスロ機のこと。

当時の記事を読む

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月16日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。