<アカデミー賞最有力候補>車中生活をする高齢者を描いた『ノマドランド』。原作者に聞く

<アカデミー賞最有力候補>車中生活をする高齢者を描いた『ノマドランド』。原作者に聞く
拡大する(全1枚)
(C) 2021 20th Century Studios. All rights reserved.
◆キャンピングカーで生活する60代のファーン

 ベネツィア国際映画祭金獅子賞、トロント映画祭観客賞を受賞し、本年度アカデミー賞最有力候補とされるクロエ・ジャオ監督『ノマドランド』が全国の劇場で公開されています。

 60代のファーン(フランシス・マクドーマンド)は、キャンピングカーに亡き夫との思い出を詰め込んで、長年住み慣れたネバタ州の町、エンパイアを旅立った。かつては大手企業の石膏採掘とその加工工場で栄えていたが、不況のあおりで町そのものが閉鎖され、住民が立ち退くことになったのだ。

 広大な荒野を走り、生活費を稼ぐためにAmazon配送センターで短期の雇用契約の仕事をし、夜になると車の中で眠る。そんな<現代のノマド=放浪の民>としてファーンは生き始めた。

 タイヤのパンク、エンジントラブルなどに見舞われながらもその日を懸命に生き、路上生活を続けるファーン。ファーンは旅を続ける中で、定住よりも路上へ惹かれていく。なぜファーンは路上生活を選ぶのか、その心象風景は――。

 今回は、取材のために自らも3年間にわたってノマド生活をつづけたという同作の原作となったノンフィクション『ノマド 漂流する高齢労働者たち』(春秋社)の著者、ジェシカ・ブルーダーさんにお話を聞きました。

リーマンショックは単なるきっかけ

 アメリカの大自然の中をどこまでも走り抜ける1台のキャンピングカ―。運転席に座る夫に先立れたファーンはキャンピングカーを‶先駆者″と名付け、引き出しやカウンターを入れてその中を使い勝手の良い空間に変えていた。そして、勤務先のAmazonと寝床のキャンピングカーの往復を続けていたある日、スーパーマーケットで代用教員を務めていた頃の教え子に出会う。

当時の記事を読む

HARBOR BUSINESS Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。