口永良部島噴火 全島民137人が避難終了 自衛隊・海保が救助に向かう

口永良部島噴火 全島民137人が避難終了 自衛隊・海保が救助に向かう
口永良部島の噴火で全島民は避難して無事だと判明(気象庁火山カメラより)

 29日午前9時59分に発生した鹿児島県の口永良部(くちのえらぶ)島の噴火をめぐって消防庁は昼過ぎ、屋久島町からの情報として全島民82世帯137人の無事を確認したと発表した。



 消防庁災害対策本部によると、鹿児島県と屋久島町では午前10時7分、災害対策本部を設置し、全島民に対して島内への避難指示を発令した。



 さらに、鹿児島県知事からの出動要請を受け、消防庁長官から高知県宮崎県、福岡市の消防に対して防災ヘリの出動を要請、現在は現場付近での情報収集にあたっているという。



 屋久島町によると、新岳から流れ出した火砕流は、島の北西にある本村港から南西にかけての海岸に到達しており、島民137人のうち、120人が番屋ケ峰避難所に避難しているという。



 午後12時現在、海上保安庁と屋久島町の船舶が住民避難のために島に向かっているほか、陸上自衛隊第8師団から人命救助用のヘリ2機とプロペラ機が現地に向かっている。



 気象庁は口永良部島では今後も爆発力が強い噴火や規模の大きな噴火が発生するおそれがあるとして、噴火警戒レベルを「5」の「避難」に引き上げ、警戒を呼び掛けている。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2015年5月29日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら