桜島 火山性地震が急増 夜には火映も 福岡管区気象台

桜島 火山性地震が急増 夜には火映も 福岡管区気象台
鹿児島県の桜島でも11日以降、火山性地震が急増している。写真は国交省の大隅河川国道事務所の桜島カメラより12日午後4時の桜島の様子

 活発な噴火活動が続く鹿児島県の桜島では11日以降、火山性地震が増えており、夜には溶岩や火山ガスが明るく見える「火映」現象を観測したと、気象庁が12日発表した。



 気象庁によると、桜島では今月8日以降、昭和火口で爆発的な噴火が6回発生。噴火に伴って大きな噴石が火口から500~800メートルまで飛散し、5合目まで到達した。9日と11日の夜間には、高感度カメラで撮影できるほどの微弱な火映も観測した。



 火山性地震は、10日までは少ない状態が続いていたが、11日に87回、12日は午後3時までに78回と増え、この5日間で282回発生したという。地下のマグマやガスの移動を示す火山性微動は、8日の24回を含め、39回を数えた。


 
 地盤の伸び縮みを記録する伸縮計の観測では、今年1月1日以降、山体の膨張とみられる変化が続いていて、福岡管区気象台では、2012年7月と2013年8月の噴火を上回る大量の火山灰を噴出する噴火のおそれがあるとして、引き続き警戒を呼び掛けている。


 
 桜島の噴火警戒レベルは「3(入山規制)」を継続している。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2015年6月12日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら