世界の異常気象~ネパールで「地すべり」など15カ所

世界の異常気象~ネパールで「地すべり」など15カ所
世界の主な異常気象・気象災害(6月10日~16日)

 気象庁が17日に発表した全球異常気象監視速報によると、6月10日から16日までの1週間に発生した世界の異常気象は、ネパールで「地すべり」など15件。



 6月10日から16日までに発生した世界の異常気象・気象災害は以下のとおり。



【高温】朝鮮半島~中国大陸東部・南西諸島~海南島
 大韓民国の首都ソウル市では、10日の平均気温が平年より4℃高い26℃となり、この日の最高気温は34℃を超えた。
 奄美諸島の奄美市名瀬では、14日の平均気温が平年より3.9℃上回って29.5℃まで上がり、11日、14日、15日の3日間の平均最高気温は、平年より5℃近く高い33.5℃を観測した。



【少雨】朝鮮半島・中国大陸北部
 朝鮮半島から中国北部にかけては、前の週に続いて異常少雨となった。
 このうち、大韓民国の大田では、16日までの30日間に降った雨量が20ミリに届かなかった。(6月の月間総降水量平年値は182.3ミリ)
 中国山東省泰山でも、16日までの30日間に降った雨量が降水量が20ミリ未満だった。(6月の月間総降水量平年値は120.8ミリ)



【少雨】フィリピン北部~インドシナ半島南部
 カンボジアのプノンペンでは、16日までの30日間にほとんど雨が降らなかった。(6月の月間総降水量平年値は149.3ミリ)



【地すべり】ネパール
 欧州委員会によると、ネパール東部では、大雨による地すべりで30人以上が死亡した。


【洪水】ジョージア(旧グルジア)
 ジョージア政府によると、ジョージア東部では、洪水により10人以上が死亡した。


あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2015年6月17日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。