美人ロボット「エリカ様」は日欧ハーフ設定 大阪大などが開発

美人ロボット「エリカ様」は日欧ハーフ設定 大阪大などが開発
ヒト型アンドロイドの研究開発で知られる大阪大の石黒教授が、日本人とヨーロッパ人のハーフ設定の美人ロボ「エリカ」を開発。(提供:大阪大/ERATO石黒共生ヒューマンロボットインタラクションプロジェクト)

 大阪大学の石黒浩教授らのプロジェクトチームは8月3日、会話のリズムに合わせて相づちを打ったり、頭や表情を動かすなどの身振りを交えながら自然な対話ができる美人ロボット「ERICA(エリカ)」を開発したと発表した。



 プロジェクトはアンドロイド研究で知られる大阪大の石黒浩教授と、日本語の音声認識システムを開発している京都大学の共同研究で進められた。



 ソフトバンクが開発した感情を理解する人型ロボット、ペッパーに代表されるように、現在までにさまざまな目的に沿ったロボットの研究開発が進められている。



 人間とロボットとの関わりにおいて最も重要視されることは、ロボットが人間と対話する際に、音声認識や発話などの言語的要素と、視線の動きやしぐさ、表情など非言語的要素の両方が、違和感なく自然にマッチする会話を行う技術が求められているが、いまだ開発には至っていない。



 プロジェクトチームが、こういった自律対話型アンドロイドの実現に向けて開発した「エリカ」は人間らしい見た目と、頭部や唇がなめらかに動くことで、人間と自然な対話ができる技術を実現。



 従来のアンドロイドが実在の人物をモデルにしてきたのとは異なり、「エリカ」は、美人顔の特徴を参考にコンピューターグラフィックスで合成したルックス。設定は日本人と白人のハーフで、鼻と口とあごが一直線に並ぶ「ビーナスライン」を持つなど、開発者のこだわりが見え隠れする。



 音声は実在の声優の声を20時間以上収録し、再合成したもので、ほとんど人間の声と区別がつかないレベル。空気圧で動く駆動装置が体内に19本埋め込まれていて、これが人間らしい動きを実現させている。



 石黒教授は「2年度には30本まで増やして上半身がもっと自然に動くよう改良します」と話しており、来客の応対をする受付などでの活躍を期待しているという。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2015年8月4日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。