浸水被害の関東鉄道常総線 復旧作業の本格化 あすから一部で運転再開

浸水被害の関東鉄道常総線 復旧作業の本格化 あすから一部で運転再開
鬼怒川の堤防決壊で地域の足である関東鉄道常総線も線路や駅舎が浸水し、不通となった。写真は今月12日の取手駅のようす(撮影:ハザードラボ)

 鬼怒川の堤防決壊で、線路や駅舎が浸水し、一部の区間で運転を見合わせている茨城県内の関東鉄道常総線は17日、応急復旧工事が終了したため、あす18日から取手駅~水海道駅までを通常の5割程度の本数で運行すると発表した。



 関東鉄道常総線は茨城県の取手駅と下館駅を結ぶローカル線で、鬼怒川の堤防が決壊した影響で、広い区間で線路や駅舎が浸水するなどの被害を受け、運行が不通になり、バスによる代行輸送で対応していた。



 浸水から1週間がたち、線路を覆っていた水が引いたことから、常総市では17日から本格的な復旧作業を開始。守谷駅~水海道駅までの区間で、応急復旧工事が終了したことから、あす18日から取手駅~水海道駅までを通常の5割程度の特別ダイヤで直通運航することが決まった。



 しかし、水海道駅から先の下妻駅にかけては、浸水被害が広範囲で、線路や踏切、信号などの損傷が激しいため、全線の復旧にはまだ数カ月かかり、当分の間は運転再開が見込めない状況が続く。


 
 関東鉄道では「早期の運転再開に向けて復旧作業に全力で取り組んでいきたい」としている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ハザードラボの記事をもっと見る 2015年9月17日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら